11月初旬、著者との打ち合わせのために福島へ行きました。そして、いろいろなところを案内していただきました。
福島市は山に囲まれた盆地にあり、山は美しく色づいていました。
最初に行ったのは、信夫山。福島市中心部からも近いところです。
ゆずの木がたくさんありましたが、原発事故後は収穫されていないとのこと。
悲しいことです。

IMG_5403*

りっぱなゆずの木がたくさんありました。

信夫山は桜の名所だったそうですが、除染のためにたくさんの桜の木が切られたそうです。
除染が完了したという掲示と線量計がありました。線量計はらくがきされています。
お天気のよい秋の休日なのに、どんぐりや松ぼっくりがたくさん落ちている公園に人はほとんどいませんでした。
「子どもたちが外で遊べなくなった」という言葉を実感しました。
IMG_5394

線量計。

リアルタイム線量計。おもに子どもたちのくらす空間の放射線量をチェックするためにおかれているそうです。

福島県内の放射線状況についてはhttp://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list272-851.html