年末年始と紹介させていただいた「むかしのくらし思い出絵日記」シリーズの本ですが、
この本は、編集途中で白い紙とクリーム色の紙でテスト印刷をしています。

IMG_5666*

右が白い紙に印刷したもの、左ができあがった本。紙の色の違いがわかるでしょうか?

通常カラーの印刷は発色のよい紙を選びます。うすいクリーム色の紙は使ったことがありますが、ぱっと見ただけではわからないほどの色。黄色い紙だと絵の色がにごらないかなとも思いましたが、そのためのテスト印刷です。結果は「クリーム色のほうがいい」! むかしのくらしのあたたかさがあり、それでいて発色はとてもきれいでした。
本のジャケットは、白い紙にしています。白は強い色で、切り抜きした絵やタイトルをきちんと目立たせてくれました。紙は、本を構成する大切な要素のひとつ。同じシリーズでは紙を変えませんが、新しいシリーズをつくるときには、テスト印刷をするようにしています。

IMG_5688*

白い色のほうが、ぱっと目に入ります。