深大寺の境内にあったムクロジ。高い木の枝に果実が見えます。果皮はサポニンを含むため水に入れると泡立ち、むかしは石けんのかわりとされたそうです。茶色い皮の内側にある黒い種子は、じゅずや羽根つきの黒い玉として使われてきました。

IMG_5676*

石けんがわりとして使われたためか、井戸のそばによく植えられたそうです。

実をさがしたのですが見当たらず。どんな実かわかる資料をさがしていたら、古い本にありました。実を見つけたら、果皮を水につけて泡立つかどうか確かめてみようと思います。

写真斎実譜

『草木実譜』 毛利梅園著 より(国立国会図書館蔵)