柳に何度も飛びつくカエルを見つめる小野道風。このカエルのようにあきらめずに努力すれば、なしとげることができるという逸話です。カエルの姿に人はいろいろなものを見ていたのですね。

小野道風

『あづまにしきゑ 芳年略画 小野道風見蛙図』月岡芳年(国立国会図書館蔵)

カエルの動きがリアル。この絵を描いた月岡芳年は江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した画家で、『芳年略画』には桃太郎や金太郎、天狗やコウモリなどおなじみの題材が面白く描かれています。