大寒をすぎてしまいましたが、みそづくりをしました。
用意するものは
大豆1kg  米こうじ1kg  塩420g  種みそ250g

1 大豆を洗って一晩水につけます。

みそづくり0

洗ったばかりの大豆。ここに大豆の2倍半ほどの水を入れます。

みそづくり1

大豆のようす。

みそづくり3

翌朝には、こんなにふくらんでいました。

2 一度水を捨て、新しい水を入れて大豆を煮ます。あくをとり、水を足しながら、今回は4時間煮ました。目安は、指で簡単につぶせるくらいのやわらかさになるまで。

3 大豆を煮た煮汁を200ccほどとっておき、やわらかくなった大豆をざるにあけて煮汁をすてます。熱いうちに大豆をつぶします。これがいちばん力を使う作業。ブレンダーやマッシャーを使うと早くつぶせます。耳たぶくらいのやわらかさになるよう、煮汁をつかって調節します。

4 塩と米こうじをよく混ぜます。

5 3と4を混ぜ、種みそを入れます。

みそづくり4

細長く見えるつぶが米こうじ。うすいベージュ色がつぶした大豆。茶色のが種みそ。種みそは、昨年つくったみそで、発酵のスターターの役割をしてくれます。

6 さらに混ぜます。混ぜ終わったらお団子をつくり、容器にならべます。容器はホーローの漬け物容器を使っています。

みそづくり5

2段目をお団子にしてならべたところ。このあと、上からおして空気をぬき、たいらにしました。

7 さいごに振り塩をして上からラップをぴっちりとかけ、重しをします。そして、紙でふたをして冷暗所に。

みそづくりでいちばん気をつけたのは容器の消毒。熱湯消毒をきちんとしていれば、カビをあまり気にすることはないように思います。あとは、待つだけ。3〜4か月後に上下を入れ替える天地返しをします。