スナップエンドウの花が咲いていました。

スナップエンドウ

うすい緑色かかった白い花です。

絹ざやはさやを食べるもの、グリーンピースは豆だけ食べるものですが、スナップエンドウは、さやと豆を食べられるように改良された新しい品種です。
グリーンピースなど西洋野菜が日本に入ってきたころの記述がありました。「洋種豌豆」として栽培を奨励していたようです。明治時代にたくさんの西洋野菜が日本に入ってきたのですね。

西洋豌豆1

「さやをあわせて食べる」という文字も見えます。『舶来穀菜要覧』竹中卓郎 編 大日本農会三田育種場 1885(明治18)年(国立国会図書館蔵)より

西洋豌豆2

「第十號」とあるのは、品種の番号。『舶来穀菜要覧』竹中卓郎 編 大日本農会三田育種場 1885(明治18)年(国立国会図書館蔵)より