在来タンポポが次々に開花。

タンポポ0318

枯れた花は咲いている花のじゃまをしないように、まわりに倒れていきます。

すでに咲き終わったものは花茎をたおし、種をつくる準備をしています。花茎を倒したものの、花の部分は上を向いています。

タンポポ0318-1

つぼみと違って、しぼんだ花はばらばらした感じ。

タンポポ0318-2

枯れた花をちょっとひっぱると、すぽんと取れます。

タンポポ0318-4

花をとったあと。白く見えるところがタンポポの綿毛、冠毛です。

タンポポ0318-3

総苞をめくると、白い冠毛がいっぱい。冠毛は種ができてなくても広がるのかな?

在来タンポポは同じ株では受精できないので、同じ株の花が次々に咲いても種はできません。種ができなかった花が、綿毛(冠毛)をどのように広げるのか、広げられないのか見てみたいと思っています。そして、他の株が開花したときに受粉させ、種ができていくようすをご紹介したいと思います。