ふきのとうがたくさん出てきたと思っていたら、花茎をぐんぐんのばし、
花を咲かせていました。

ふきのとう0327

いわゆる「とうがたった」状態です。

ふきには雄花(雄株)と雌花(雌株)があり、これは雄株です。ちなみに、雌株をさがしたのですが、近くにありません。ということは、種がない? 地下茎でふえるので、彼らはこまらないのかもしれません。雌株は、綿毛をつけるということですので、もう少し観察してみます。何事も調べてみないとわからないものですね。