4月16日、福島県いわき市にある草野心平記念文学館へ行きました。
春の企画展「草野心平の詩 青春無頼編」併設展示で『かえるふくしま』の著者矢内靖史さんの写真展が行われるためです。

草野心平記念館1

屋外にある告知ボード。よく晴れて、青空がきれいでした。

草野心平記念館2

16日が企画展のオープニング。矢内靖史さんもご挨拶なさいました。

草野心平記念館3

テープカット。中央は館長の粟津則雄さん。

草野心平記念館4

写真展の入り口。「二十一世紀の蛙」は草野心平さんの詩のタイトルでもあります。

草野心平記念館5

円形の展示室。採光窓から明るい光がさしていました。

草野心平記念文学館8

カエルたちの表情を楽しめる写真展です。

いわき市立草野心平記念文学館は、草野心平さんの故郷小川町にあります。自然にかこまれた素敵なところで、企画展も興味深く、時間がたつのを忘れました。心平さんご本人の朗読を聞くこともできます。

草野心平記念館6

大きなガラス窓にある詩。このブルーは空の色です。

草野心平記念館7

詩の下にはこんな風景が。春の雑木林のなんてきれいなこと。

この企画展と矢内さんの写真展は、4月16日から6月19日まで行われています。ゴールデンウィークなど、ぜひ足をお運びください。
くわしくは草野心平記念文学館 http://www.k-shimpei.jp