福島ではタンポポがたくさん咲いていました。総苞がくっついているので在来タンポポだと思いますが、ん? ちょっと形が違います。

福島のタンポポ1

外側の総苞が短く、ぷっくりふくらんでいます。

これはいわき市で見たタンポポ。

いわきのタンポポ

総苞がちょっとばらばらしているのは、雑種なのかもしれません。総苞につつまれたところは福島のタンポポと同じく、ぷっくりしています。

『ぜんぶわかる!タンポポ』のタンポポ地図で見ると、福島県はエゾタンポポとシナノタンポポの土地。この2つ、形はとてもよく似ているのですが、共通する特徴は、総苞に包まれた部分が丸いこと。写真のタンポポの特徴と同じでした。福島のタンポポは、種もぎっしりできていたので、花粉を使わずに増えるエゾタンポポかな、という気もしています。
身近にあるタンポポ、調べてみませんか?