シャガの花もあちこちで咲いています。

根尾谷のシャガ

日陰にさく印象があるのですが、淡く美しい色をしています。

シャガってふしぎな名前だと子どものころから思っていました。文献をさがすと、『畫本野山草』(国立国会図書館蔵)にその名がありました。

しゃが

色刷りでないのが残念ですが、橘保國が描いた『畫本野山草』は古い植物画として有名です。シャガは「志やが」と書かれています。

シャガはアヤメのなかまで中国原産。別名は「胡蝶花」。なぜ「志やが」と呼ばれるようになったのかは、わかりませんでした。残念!