水につけて発芽しはじめていたおくのむらさき。
ポットにまいたものから、葉がでてきました。ポットの土は、ふつうの園芸用の土。元気に発芽してくれたので、ほっとしています。

おくのむらさき発芽

水をやるたびに、種もみが流れてしまうような気がして心配でしたが、けっこうしっかりしているものです。

おくのむらさき発芽2

イネは、最初の葉をしょう葉といい、2番目に出た葉を1葉といいます。黒米、おくのむらさきの1葉の先は、赤紫色をしています。

実はこのポット、水につけたポットを10個、水につけないものを10個つくっています。みんな大きくなってほしいけれど、全部育てられるかどうか、ちょっと不安です。