神戸北野の異人館に行きました。
明治時代、港が開かれ、さまざまな国から貿易のためにいろいろな人が来て、家をつくり町ができ、という歴史を感じることができました。
そして、異人館のなかの調度品もすばらしい。アールヌーヴォーのものでしょう、トンボに出会いました。

風見鶏の館で1

翅脈も、翅の付け根もリアル!

風見鶏の館で2

レリーフもトンボ。なんともかわいい表情です。

アールヌーヴォーの素材として、トンボはよく用いられていたようです。『ぜんぶわかる!トンボ』の本でも紹介したかったのですが、日本の兜に用いられたトンボしか紹介できませんでした。
こんなふうに、歴史のなかに生物を見るのも楽しいですね。