アゲハの幼虫があまり動かなくなりました。

アゲハ0722-1

体をあげ、眠の姿勢をとっています。

アゲハ0722-5

からだの模様がよく見えます。眼玉模様の後ろの青色がきれい。

アゲハ0722-2

後ろ姿。

アゲハ0722-6

頭とあしがわかるでしょうか。まるでお祈りをしているようです。

午前中にこれらの写真を撮ったのですが、夕方には2匹がいなくなっていました。
鳥の来ないところなので、食べられたとは思えません。
アゲハは、さなぎになる場所をさがして何十mも移動するらしいので、このレモンの木よりもよいところをさがしに行ったのでしょう。ベランダをさがしましたが、2匹は見当たりません。
ここがいちばん安全なのに・・・と思い、幼虫がレモンの木から外へ出ないように100円で買った虫除けの網をつづりあわせ、鉢をかこむようにくくって囲いをつくりました。

アゲハ0722-7

180㎝の棒をたてて高さをつくりました。

アゲハ0722-8

網のなかの幼虫。

何を感じてさなぎになる場所を決めるのか、そのためにどれぐらい歩くのか、幼虫に聞いてみたい気がします。安全に育った木から移動するのに意味はないのに・・・と思うのは人間の勝手でしょうか。さなぎになるのは、ほんとうに大変なことなのですね。