レモンの木がまるはだかになる横で、山椒の木でゆっくり育っていたアゲハ幼虫。3びきのうちの1ぴきが終齢幼虫になりました。
でも、小さくて25ミリほどしかありません。

%e5%b1%b1%e6%a4%92%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f%ef%bc%91-1005

やっと終齢になったね。

昨日のクロアゲハ幼虫とならべてみました。

%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f%e3%81%a8%e3%82%af%e3%83%ad%ef%bc%921005

手前のアゲハが大きく見えますが、クロアゲハはおよそ2倍の大きさです。

%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f%e3%81%a8%e3%82%af%e3%83%ad1005

アゲハは終齢になりたて。クロアゲハのほうが、はだの色つやがいいですね。

私がこれまで観察してきたなかでも、アゲハ幼虫はクロアゲハ幼虫よりひとまわり小さく感じます。が、図鑑などを見ると、どちらも50〜55ミリと書いてあるものが多いのです。なぜだろう?
さなぎもクロアゲハがひとまわり大きいと感じます。
さなぎになるときの脱皮殻をならべてみました。

%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%ae%bb1005

大きいのがクロアゲハ、小さいのがアゲハの脱皮殻。かなり大きさがちがいます。

なんだか集まって相談しているように見えたので遊んでみました。

%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%ae%bb%ef%bc%921005

なんの集会?

脱皮殻でも十分遊べます。