羽化したアゲハたちの箱に入れようと100円で購入したニチニチソウ。
実は、最初のアゲハが羽化したあと、忘れていたら枯れていました。
強い植物だという印象があったので、遅ればせながらも水をやっていたら復活。
よく見ると、かわいい花です。

%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%8b%e3%83%81%e3%82%bd%e3%82%a61010-3

5枚の花びらがほどけるように咲くのですね。

%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%8b%e3%83%81%e3%82%bd%e3%82%a61010-1

おしべとめしべが見当たらず。蜜はなさそうですね。

%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%8b%e3%83%81%e3%82%bd%e3%82%a61010-2

開きかけの花。

%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%8b%e3%83%81%e3%82%bd%e3%82%a61010-4

つぼみ。

ニチニチソウは、マダガスカルが原産の一年草で、春から秋の長い期間咲かせます。毎日花を咲かせることから、ニチニチソウ(日々草)と呼ばれるようになったそうです。1つの花は3〜5日もつのだとか。
アゲハと一緒にあたたかい部屋に置いているので、どんどん花を咲かせています。