帰宅したら、クロアゲハが羽化していました。ノーマークだった子です。
今日の気温が関係しているのでしょうか。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f1018-1

成虫用の箱に移動。日日草は満開です。

羽化したばかりなのかバタバタしません。そこで、飼育ケースの網をあけて撮影。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f1018-2

背中から。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f1018-3

黒い眼がかわいい。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f1018-4

横顔。口はきれいに巻いています。

この子は、クロアゲハのなかでさいごにさなぎになった子です。ですので、越冬蛹になってしまったものと思い込み、毎日見ていませんでした。
実は、この子より早く、黒くなり始めたさなぎがありました。が、半身黒くなったあと、あまり変化がありません。1週間たったので、もうだめかもしれないと思いつつ、毎日部屋をあたためていました。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f1018-5

写真を撮ってみると、からだ全体がしぼんでいる感じがします。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%82%b2%e3%83%8f1018-6

1週間前は翅の部分にもう少し生気があったのですが・・・。

同時期にさなぎになったアゲハたちには何の変化もありません。
越冬蛹になる不思議、羽化スイッチの入る不思議、まだまだわからないことがいっぱいあるアゲハたちです。