ポプラ農園の続きです。
ひらひら舞う小さなシジミチョウがたくさんいました。メスはかたわらに小さな群落をつくっているカタバミに産卵しようとしているようです。オスはメスをおいかけ、まるで産卵の邪魔をしているよう。

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%88%e3%82%b7%e3%82%b8%e3%83%9f%e2%99%801022

ヤマトシジミのメス。おしりをあげているのは交尾拒否のポーズでしょうか。

%e3%82%b7%e3%82%b8%e3%83%9f%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a61022-1

ヤマトシジミのオス。はねの色がきれいです。

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%88%e3%82%b7%e3%82%b8%e3%83%9f1022-3

はねを閉じると、もようが見えます。目が大きくてかわいい。

そして、カメムシの幼虫も。

%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a0%e3%82%b71022

おそらくアオクサカメムシの幼虫。はねが短く、赤い模様がポイント。

『わたしはカメムシ』の本をつくっていなかったら、このカメムシ、幼虫だとわからなかったと思います。ジャガイモの葉にいました。

赤とんぼもとんでいましたが、これはわたしの技術では撮影不可能でした。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%bf1022

おそらくショウリョウバッタ。おかしな感じがするのは、いちばん大きい後ろあしをうしなっているためだと思います。

虫たちを見ていると植物があって昆虫がいる、ということを実感します。
虫が食べるほどおいしい野菜を食べることができるって幸せ。とはいっても、アブラムシは退治し続けますが。