根津美術館では円山応挙展が始まりました。

EPSON MFP image

この藤の花、屏風の一部です。

あまりにも有名な円山応挙ですが、展示サブタイトルに「写生を超えて」とあるように自然をとらえた応挙の作品が多く見られます。
気になったのはこれ。

EPSON MFP image

写生図巻の一部。パンフレットから。

すばらしい写生でした。色も構図もすごい。
2巻あるので、前期と後期では巻を変えて展示するそうです。
もう一度見に行かなくちゃ、と思わされるすばらしさでした。
応挙はチョウもたくさん描いているのですが、こんなに生き生きとした絵ではなかったような・・・。「見ること」と『描くこと」にこだわった応挙がめざしたものは何だったのでしょう。
やっぱり本作りのことを考えてしまうのでした。

img_0006

美術館の庭で見上げた空。

img_0008

お庭にあったきのこ。

img_0009

ホコリタケのなかま。まんなかの穴から胞子を吹きだしたあとです。