11月5日、第2回のポプラボがポプラ社ホールで行われました。
告知のポスターを見てきて下さった方や、みそをつくってみたくてという方、発酵兄妹さんを知っていて、という親子15組が参加してくださいました。

%e7%ac%ac2%e5%9b%9e%e3%83%9d%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b70928

ご案内の文面

最初は発酵兄妹、五味仁さんと五味洋子さんの自己紹介から。
それに続いて、みそづくりが5分でわかる「手前みそのうた」を教えてくださいました。かわいい音楽とアニメで場が盛り上がります。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1

オープニング

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%92

作り方もアニメで。このあとに手前みそのうたが続きます。

振り付けを教えていただき、みんなでアニメを見ながら歌って踊りました。もちろん、お父さんもお母さんも参加!
体を動かしたあとで、4種類の味噌をテイスティング。切ったきゅうりに4種類の味噌をつけて食べ、人気投票しました。なんと1位は麦こうじの味噌。どの味噌がどの作り方をしたものかも教えていただきました。
みんなお味噌好きで、おいしそうにテイスティングしている姿が印象的でした。
そのあと、みそづくりがスタートしました。
五味醤油さんが販売していらっしゃる味噌作りキットを開いて、パウチに入った煮豆をつぶします。そして、米こうじ投入!

%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%98%e6%8a%95%e5%85%a5

手袋なしでもOK。常在菌も味方になるそうです。

%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%9c%e3%81%be%e3%81%9c

つぶした大豆とこうじをどんどんまぜていきます。

このあと丸いおだんごを作って空気を抜き、袋に入れ、さらに空気を抜いてひらたくしたらできあがり。この味噌キットはこうじの量が多めなので、3ヶ月ほどで味噌ができあがるそうです。みなさん、ブック型のパッケージに入れてお持ち帰りになりました。

今回のポプラボでは、入り口でポプラボバッジとエプロンをお渡し。
お帰りのときには、ポプラボの手提げ袋と大豆の種をお渡ししました。

%e3%83%9d%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b8

色は6色。

%e3%83%9d%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%82%a8%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%b3

エプロンは4種類。これをつけて味噌作りを行っていただき、欲しい方はお持ち帰りいただきました。

後ろの物販コーナーでは、五味醤油さんの味噌やお菓子を販売。

%e3%82%84%e3%81%be%e3%81%94%e3%81%bf%e3%81%9d

米こうじと麦こうじを使った山梨県の味噌。

%e3%81%bf%e3%81%9d%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%86

みそかりんとう

%e3%81%84%e3%82%8a%e3%81%be%e3%82%81

大豆を炒ったもの。

%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%88%e3%81%bf%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%9f

『てまえみそのうた』

%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%98%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a

なんとこうじも作れるそうです。

発酵兄妹さんは、全国で自分のおうちの「手前味噌」をつくってほしいと、この活動をしてらっしゃるのだそうです。私も毎年、味噌をつくっていますが、今回はこうじの面白さを実感。
ポプラ社には「しょうたとなっとう」という写真絵本がありますが、味噌など発酵食品の本もいつかつくりたいものです。

978-4-591-07887-7