先日、ポプラ農園で収穫した丸大根。切ったら中は赤くてきれいです。
うすく切って、石垣の塩をまぶしました。水分がでてきたら、絞ってこんぶと唐辛子を入れ、浅漬けにするつもりです。

%e8%be%b2%e5%9c%92%e4%b8%b8%e5%a4%a7%e6%a0%b9%ef%bc%92

赤みがあざやか。

%e8%be%b2%e5%9c%92%e4%b8%b8%e5%a4%a7%e6%a0%b9%ef%bc%91

皮はむきましたが、まわりの緑色はのこしてあります。

%e8%be%b2%e5%9c%92%e4%b8%b8%e5%a4%a7%e6%a0%b9%ef%bc%93

みるみるうちに水分がでてきます。これだけでおいしそう。

丸大根の葉は、半日ほして塩漬けにしています。

%e8%be%b2%e5%9c%92%e4%b8%b8%e5%a4%a7%e6%a0%b9%e8%91%89

これで菜めしをつくったらおいしいのでは、と思っています。

%e8%be%b2%e5%9c%92%e9%95%b7%e5%a4%a7%e6%a0%b9%e8%91%89

長い大根の葉はごま油で炒め、干しえびと一緒に甘辛く味つけしました。

たくさんの葉にいたたくさんのアブラムシ。流水であらったぐらいでは取りきれないので、1枚1枚、歯ブラシを使って取りました。

でも、そのうちに食べても平気な気もしてきたのです。
同じものを食べる者どうし、という気分かもしれません。
きれいな野菜を食べることがふつうだと思ってはいけませんね。