11月25日、ジュンク堂書店池袋本店で『わたしたちのカメムシずかん』(福音館書店刊)の刊行を記念してのトークセッションがありました。このトークセッション、第2回目でテーマは「カメムシがこんなことするのか!? ベニツチカメムシの驚異の保育行動」。カメムシの研究者の向井裕美さん、昆虫写真家の新開孝さん、フォトエッセイストの鈴木海花さんがスライドを交えながらお話しくださいました。

向井先生のお話はベニツチカメムシという、卵を守り子育てするカメムシの行動についてのお話と、その研究方法。
研究は地味で根気が必要なことばかりですが、そんな苦労を楽しそうにお話になったのが印象的でした。

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%881125-6

ふ化直前の卵を抱いたベニツチカメムシ。赤いのがもうすぐふ化する卵で、白いのが栄養卵。生まれてすぐの赤ちゃんカメムシの食べ物になるものだそうです。びっくり!

新開さんは、ご自身とベニツチカメムシの出会いからその他のカメムシとの関わり方などをお話しくださいました。

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%881125-5

ベニツチカメムシの大切な食べ物、ボロボロノキを持ってきてくださった新開さん。会場で実物を見ることができました。

昆虫写真家の新開孝さんは、『わたしはカメムシ』の著者。写真絵本では、カメムシの卵やふしぎな子育てを紹介してくださっています。「カメムシをもっと多くの人に好きになってほしいんですよね〜」とおっしゃっていました。

理工学書のフロアには、新開さんの写真パネルも。

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%881125-4

写真絵本に掲載できなかった写真がいっぱい。ぜひ見ていただきたい美しさです。

『わたしたちのカメムシずかん』の絵を描かれた、はたこうしろうさんの原画を見ることができます。

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%881125

原画展のご案内パネル

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%881125-2

子どもたちの様子が生き生きと描かれています。

このようなイベントへ伺うと、虫好きな大人がたくさんいらっしゃることに勇気づけられます。
がんばって本をつくっていこう、著者の方々と一緒に、虫の世界を多くの方に知っていただこう、と思いました。
ジュンク堂池袋本店は、生物関係の本がとても充実しているところ。
ぜひ、立ち寄っていただきたいと思います。