足立区生物園でチョウの観察をしました。
大きな温室で、元気なチョウは、高い天井近くまであがり、いろいろな行動をしています。チョウの飛翔能力の高さに驚きました。

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%92

温室の上から下をのぞいたところ。南の植物が多いのですが、ススキもありました。

蜜を与える入れ物には、赤やオレンジの造花が置かれていました。
これらの色にチョウたちが反応するそうです。

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%92%ef%bc%93
はじめて実物を見たコノハチョウ。はねの裏は木の葉そっくり。

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%92%ef%bc%95

蜜をすいにきたコノハチョウ。はねを閉じているとこんな姿。

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%92%ef%bc%97

少し近寄ってみました。

顔の感じ、からだの感じはアゲハとまったくちがっていました。
特に目。どこが目かわかりますか?
アゲハと比べてみると・・・

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%92%ef%bc%99

アゲハの目は真っ黒。とても大きく見えます。

しばらくすると、コノハチョウがはねを開いてくれました。

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%92%ef%bc%94

右の前ばねの先が欠けています。手前のはねは、アゲハです。

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%92%ef%bc%96

葉の上で休んでいるところ。青い光沢がきれいです。

チョウは、そのなかまによってかなり顔つきが違うのだということを実感しました。本物を見るのは、大切なことですね。