オオゴマダラというチョウをご存知でしょうか。
白いはねに黒いもようがある大きなチョウです。

1128%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9%ef%bc%91

オオゴマダラの吸蜜。オレンジ色が好きなようです。

1128%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9%ef%bc%92

横から。体にも黒いしまがあります。目は黒ですね。

1128%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9%ef%bc%93

高いところに止まっているチョウを下から撮りました。

オオゴマダラは、マダラチョウのなかまで最大。開張は10センチから12センチほどもあります。アゲハより2まわりぐらい大きく、ひらひらとゆっくり飛ぶ姿はよく目立ちます。
喜界島、沖縄諸島より南でしか見られないので、東京でふつうに見ることはできません。さなぎは金色だそうです。
そして、幼虫がこれ。

1128%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%9c%922

なんて南国風なデザインでしょう!

赤い色がかわいいのですが、このもよう、毒があることを知らせているそうです。生物園にはホウライカガミなど幼虫の食草が置いてあり、幼虫だけでなくたまごもたくさんありました。

タテハチョウのなかまにはゴマダラチョウというチョウがいます。
名前は似ているのですがまったくちがう姿。
それも、今回初めて知ったことでした。