8ぴきのうち、6ぴきがさなぎになったモンシロチョウ。
アゲハと同じようにUVライトをあててみたら、光りました!

1222%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%ad%e8%9b%b9%ef%bc%92

さなぎのへりが光るようです。

1222%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%ad%e8%9b%b9

ちょっと明るすぎたでしょうか。はねのはしと腹部、背中部分が光っています。

1222%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%ad%e8%9b%b9%ef%bc%93

代わりばえしないかもしれない…。光っているところがわかるでしょうか。

モンシロチョウは、りんぷんのしくみがオスとメスでちがい、紫外線を利用していることが知られています。また、羽化しそうなさなぎのそばでオスが待っているということからも、オスはメスのさなぎを見つけることができるのでしょう。紫外線を利用しているのかもしれません。

紫外線の写真を撮ることが私にはむずかしいのですが、さなぎのオスとメスで光り方がどのようにちがうかも調べてみたいと思います。