15年ぶりの新刊。昨今、あまりないことかもしれません。
その本は『くまくまちゃん、たびにでる』(高橋和枝著)
15年前も好きな本でしたが、今回の新刊がまた、いい。

年甲斐もなく、最後2ページでは、涙をこらえることができませんでした。

どうしてだろう?
15年の歳月を思うからなのか、以前には感じることができなかった何かを感じるようになったからなのか、旅のせいか……。わかりません。
ぜひ、みなさんにもくまくまちゃんと旅をしてほしいと思います。

担当編集者に、この本のことを聞いてみました。

 

くまくまちゃん

15年の間1ミリも変わらないことのすごさ、凛としたその強さがあるからこその「くまくまちゃん」。
わたしにとってくまくまちゃんは、自然であり、名もない日々であり、仲間であり、家族。そんなことを思ったのでした。