タンポポのつぼみを見つけました。
道ばたでは、外来のセイヨウタンポポが咲き始めていますが、
これはカントウタンポポ。種から育てた子たちです。

タンポポ2

葉の奥にかくれている花芽。

タンポポ1

大きくなってきた花芽。

タンポポ3

赤味を帯びた花芽もあります。

『ぜんぶわかる!タンポポ』の本をつくったとき、著者のところのカントウタンポポの花芽がなかなか大きくならず、そのシーンだけ残して印刷所に入稿したことを思い出します。継続観察しているタンポポの花芽を撮りおろしていただこう、と思っていたからです。4月の本なのに。
結局、3月中旬になると花芽はぐぐぐっと大きくなり、無事に本に掲載することができました。

うちのタンポポは兄妹の株ですが、葉の形はいろいろ。

タンポポ4

葉の先がとがったタイプ。

タンポポ5

ギザギザが少ないタイプ。

タンポポ6

切れ込みがなく、まるで野菜のような葉。

タンポポ7

切れ込みが深く、三角がつながっているように見えるタイプ。

今年はどれぐらい花を咲かせてくれるでしょう。
黄色い花に会えるのももうすぐです。