雨の間見ていなかったら、すっかり大きくなっていました。

クロ0909

数日前の2倍ほどになっています。

この大きさでは1枚の葉に2匹は無理。
それぞれ、自分の葉で休んでいるようです。

クロ0909-2

幹を移動中の子も。ぬるっとした感じが強まっています。

ところが、1ぴきだけ様子が違う。
あれ、縮んだ?と思ってしまいました。

クロ寄生0910-1

大きくなっていないだけでなく、肩のあたりに何かあります。

クロ寄生0910-3

体から何かとびだしており、すでに抜け殻です。

クロ寄生0910-2

角度を変えてみました。飛び出している抜け殻がよくわかります。

これは、寄生していたものが羽化したのではないかと思います。
モンシロチョウの場合は、さなぎになる直前に寄生蜂が体から出てきましたが、
終齢幼虫になる前に羽化ずるタイプの寄生蜂か寄生バエではないかと思います。

なかなか大きくならないと思ったことの理由だったのでしょうか。
ほかの幼虫はこのまま順調に終齢幼虫になってほしいな、と思います。