いくらなんでも、この山椒の木ではアゲハたちをささえきれないと思い、台風の後に木をくっつけてみました。
自分で移動してくれるといいな〜と思って。
そうしたら、移動した子が!

移動アゲハ1004-2

デコポンの葉に移動した2齢か3齢幼虫。

移動アゲハ1004

4齢かな、と思います。もりもり食べてくれるといいな。

まだ山椒に残っている子たち。

山椒アゲハ1004-2

足りないよね〜

山椒アゲハ1004

5齢になった子もいました。ちっちゃい。

レモンの木には、立派に育った5齢幼虫が。

レモンのアゲハ1004

左に見えるのが山椒の木。とげの大きさで山椒の木にいる5齢幼虫と大きさが違うことがわかります。

お母さんがどこに卵を産んでくれるかによって、運命は違ってしまいます。
しかし、もう、食べるものがない、となったときに、どのような判断で食草を変えるのか、
彼らに意見を聞いてみたい気がします。