先月末、熊本に行きました。
近くには入れませんが、熊本城を見てきました。
最初にびっくりしたのは、これ。

熊本城1

櫓が石垣からはみ出しています。

櫓は石垣の上に乗っているだけだったのかもしれませんが、それにしても櫓ごとずるっとずれた感じ。
地震の大きさを感じます。

熊本城2

別の櫓。ここは、石垣の一部が崩れ、危うい感じがしますが、補修はまだのようです。

石垣の補修は、くずれた石をひとつひとつ確認し、ナンバーをつけ、そこから再度組み立てなおすとか。
大変な作業だと思います。

熊本城3

美しい紅葉と崩れた痛々しい石垣。大変な地震だったのだと実感しました。

熊本城5

倒れた木の根。きのこが生え始めています。大きな木の根でした。

熊本城4

くずれた石の間にある木の枝に赤いきのこがはえています。すでに分解が進んでいるのでしょう。

歳月は容赦なく進む。人の都合を待ってはくれない。

熊本城6

近くでは見えなかった熊本城全景。

ニュースで知る事柄と実感は異なり、この補修中の景観もまた、時間のなかの1コマだと思うと
生きる時間を大切にしなければとなぜか思ったのでした。