この名前、知りませんでした。カキドオシだと思っていました。
が、カキドオシを図鑑で見たら、葉の形がちがう!
そこでたどりついたのが「ツタバウンラン」という名前です。

ツタバウンラン

小石の間に咲いていました。

ツタバウンラン3

やや日陰のところに。

ツタバウンラン2

スミレのようにも見えます。

このツタバウンラン、地中海沿岸、ヨーロッパ原産。ロックガーデン用に移入されたものが野生化したものだそうで、国立環境研究所の侵入生物データベースにも掲載されています。「侵入年代」は大正年代とか。
https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/81470.html

ここにはヒメオドリコソウも「非意図的侵入 1893年に東京駒場で記録あり」などと記載されています。面白いので見てください。