5月も後半。外出自粛も長くなりました。

散歩していると、季節が変わっていることに気づきます。
少し前には芽生えだったドクダミが花を咲かせていました。

ドクダミ0514

ドクダミの葉のふちは紫なんですね。

ドクダミ2

花びらに見える白いところは苞。真ん中の円錐が花の集まりです。

花と言っても花びらがないのですから、花の集まりはおしべとめしべの集まり。花が生殖器官であることを思い知らされる気分です。

こちらは早くも夏を思わせるコバンソウ。

コバンソウ

熟すと黄褐色になって小判に見えるようになるとか。

大きなカタバミ。

イモカタバミ

人家の近くにあったもの。こんもりしていてびっくりしました。

イモカタバミ2

葉の大きさ、わかります?

この植物、ムラサキカタバミだと思っていたら、イモカタバミでした。決め手はおしべの葯の色。

カタバミ0122-3

葯の色が黄色なのはイモカタバミだそうです。

イモカタバミもムラサキカタバミも南米原産。ムラサキカタバミの葯の色は白いそうです。
だとすると、ムラサキカタバミってあまり見ていないかも。

エケベリア?

なんだか模様のよう。

エケベリアでしょうか。道路脇の植物にはいろいろな表情がありますね。

「新しい生活様式」と言われることに違和感がある。
「生活様式を見直せ」といわれるのであれば仕方ないな〜と思うけれど、
「古い」「新しい」ということで価値観の変更を迫るやんわりとした否定は気持ち悪くて。
変化は大歓迎。だけど、人に言われると文句を言いたくなるのは、性格?