ひょんなことから、スズメバチの巣をいただきました。
見知っているものの、きれいな本物を手に取ると、その軽いことに驚きます。
テラスで青空バックに写真を撮ってみました。

IMG_6771* のコピー

3方向で木にくっついていたようです。緑色の葉が、もとの状態を保っているのにもびっくり。

IMG_6782* のコピー

くるっと回すと、葉だけではなく小枝ごと巣にくっついていることがわかります。

IMG_6787* のコピー

枯れ葉も巣に組み込まれています。

IMG_6819* のコピー

巣の下側です。この穴が出入口だったのでしょうか?

このあと、巣を少しずつ分解して中を観察する予定です。
それにしても、これだけの巣をつくっておきながら1年で放棄し、冬にはいなくなってしまうスズメバチの生態、あらためてすごいなと思いました。

5年つづけてきたこの「しぜんの本だな」ですが、2月末で終了することにしました。
みなさんのなにがしかのお役にたったなら、これほど幸せなことはありません。
お礼を申し上げます。
まだ今月末までは、少し書きますし、これからどこかで書くこともあるでしょう。

まずは、お知らせまで。