身近な自然と子どもの本と
編集日記

むし

小さな終齢幼虫

10月15日に部屋に入れたアゲハ幼虫は、18日に終齢幼虫になっていました。 こんなに小さいのに終齢幼虫になって、さなぎになることができるのでしょうか。 体の色も悪く、心配だったので部屋を20度にキープしました。 そのせい …

アゲハ幼虫1018

まだいた!

アゲハ幼虫、最後に残った子が植木鉢のまわりをうろうろ。 臭角を出さないかな、と少しさわったら ちょっとびっくりしました。あまりに青が鮮やかで。 臭角を見ることはできませんでしたが、さっさとつつくのをやめました。 さなぎに …

アゲハ1011-1

さなぎに

アゲハ幼虫は1ぴきずつ去っていきました。 のこる1ぴきは、この木でさなぎになることを決めたようです。 こうして見ると、前蛹とさなぎで少し糸の位置が違いますね。胸にかけた糸を切ることなく皮を脱ぎ終える技はほんとうに見事。 …

アゲハ蛹0930

小さな池

昨年育てていたイネを刈り取ったあと、そのまま放置していました。 そうしたら、いつのまにか小さな池の環境ができていました。 雨が多かったことも関係しているのでしょう。 水はにごらず、いつも透明です。 水面をすいすいと泳ぐも …

カイミジンコ

アゲハたち

最初におわびを。 9月20日の「鳴く虫」で紹介した写真はタイワンクツワムシではなく、サトクダマキモドキのメスです。昆虫写真家の新開さんがご指摘くださいました。鳴く虫の見分け方、もっと覚えなくてはいけませんね。 小さな木の …

アゲハ0923-2
1 2 3 23 »
PAGETOP
Copyright © 自然の本だな All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.