身近な自然と子どもの本と
編集日記

歴史

揚羽蝶紋

長い間をあけてしまいました。 もう、1月も20日をすぎてしまったのですが、明石のあと、姫路城に行きました。 姫路城で、いちばん見たかったものは、これ! この展示の説明には 「平成の修理工事では、(中略)工事にあたり、瓦を …

姫路城1

うおんたな

年末は明石に行っていました。 訪れたのは「魚の棚」という市場というかアーケード。 「うおんたな」と読みます。 この魚の棚で商売が始まったのは400年ほど前とか。 明石城築城に伴って城下町の区割りが行われました。中央部に東 …

うおんたな9

こよみ

旧暦という言い方をよくしますが、明治5年まで使われていた太陰暦には30日ある大の月と29日の小の月がありました。 でも、大小の月の繰り返しでは、暦と季節が合わなくなってくるため、2~3年に1度はうるう月をつくり、調節して …

ウサギ

銃後史ノート

11月11日、NPO法人ウイメンズアクションネットワーク(WAN)主催のシンポジウムに参加しました。タイトルは『銃後史ノート』編 『こうして戦争は始まる―孫世代が出合う「銃後の女たち」』。 https://wan.or. …

銃後史ノート3

登呂遺跡

登呂遺跡は弥生時代後期の農業村落址。 教科書に掲載されていることもあり、だれもが知っている名前ですが 私は初めて訪れた場所でした。 広い公園のような平地のなかに、住居と倉があります。 弥生時代の人々は、このような住居に住 …

登呂遺跡1
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 自然の本だな All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.